岡崎市の注文住宅ガイド » 岡崎市にある住宅展示場(モデルハウス展示場)にでかけよう » 住宅展示場の賢いまわり方

住宅展示場の賢いまわり方

住宅展示場では、いくつものハウスメーカーなどが集まっていて注文住宅のモデルハウスを実際に見てまわることができます。また、自社の一部に併設してモデルハウスを展示しているところもあります。実際の家を見ることができるので、ぜひとも利用したいですよね。ここでは、住宅展示場をまわり方の秘訣についてアドバイスしていきます。

住宅展示場をまわるときに注意したいポイント

住宅展示場でしっかり家を見てまわるために、注意点と心構えをまとめてみました。

1:アンケートは断ってもよい

お家を見てまわると、最初か最後に「アンケートの記入をお願いします」と言われます。見ていて興味を感じないところは、断ることも必要です。書いてしまうとDMや営業マンから電話などが多くあると困るからです。

「検討段階なので資料だけほしい」、「まだ建築は先だから」、「イメージの家と違うので」などといった旨を伝えると強制はされません。それでも、しつこく言ってくる場合は、実際の営業もそれだけ強引にくると思ってもよいでしょう。

2:豪華な設備に惑わされない

住宅展示場にある家は、魅力的に見えるように最新の豪華な設備を搭載した家を展示しています。実際には、予算内に検討できないものが多いので、展示場の設備に惑わされないようにしましょう。

また、敷地面積が圧倒的に現実離れしているので、その点もしっかり頭に入れておきましょう。

3:営業トークに流されない

モデルハウスの担当者は営業のプロ。巧みな勧誘のトークに流されないように注意が必要です。説明を聞くと1時間以上かかることも。たった1回で話を進めるのではなく、数社まわってみましょう。家に帰り落ち着いて検討すること。割引やキャンペーンといって契約を急がせる文句にも踊らされないようにしましょう。

4:気になる住宅メーカーをピックアップして効率的に見る

お休みの日にはファミリー対象の楽しいイベントなども開催されています。しかし、住宅展示場は遊びにいくのではなく、あくまでも良い注文住宅を探すことが目的です。いってみると、素敵な家が多くて気持ちも大きくなりますが、ただ思うままにまわるのはおすすめしません。あらかじめ気になる住宅メーカーをピックアップして効率的に見ていくことが大事です。

さらには、事前に、住宅展示場で営業担当者と話す際に必要なことは頭にまとめておきましょう。予算や広さはどれくらいを考えているのか、建築の時期、その他のこだわりがあれば伝えましょう。メモなどを持参しておくと良いですね。

#住宅展示場#失敗あるある体験談

注文住宅を建てた先輩たちが住宅展示場まわりで失敗した体験談を集めました。

住宅展示場では、売るために最高級の理想を盛り込んだ家が多いです。きちんと現実の暮らしやすさも話し合える工務店やハウスメーカーを見極めることが大切となります。

あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較