岡崎市の注文住宅ガイド » 愛知の注文住宅相場はいくら?知っておきたいお金のこと » 住宅ローン

住宅ローン

ここでは、住宅ローンや頭金がいくらにしたらよいか参考になる情報をまとめています。

住宅ローンから家の購入額を考える

まず、注文住宅を建てるとき、いくらの家が妥当なのかを決めていくのが最初ですよね。家を買える金額を計算するなら、頭金とローン借入額を考えていきます。

物件が買える金額 = 頭金+住宅ローン借入額

そのほかにも、家を建てるためには、新しい家のための家具や家電を新しくしたり、引っ越し費用や挨拶関連の費用を用意したり、色々とお金がかかってきます。住宅ローンのことばかりではなく、その他のいざという際に必要なお金、将来への貯蓄等も別に考えておくべきでしょう。

頭金の目安と考え方

頭金とは、契約時に現金で支払う金額です。人によりそれぞれ違いますが、一般的に予算の1~2割が目安に準備すると良いでしょう。

例えば、3000万円の住宅ローンで、頭金を用意しようと思った場合。

頭金が多ければ、住宅ローンで借りるお金は少なくてすみ、将来の返済は楽にはなりますが、手持ちのお金をすべて頭金として入れてしまうのはやめましょう。生活していくための予備費としていざというときのために残しておかなくては心配です。また、住宅以外にも将来のための貯金は別に残しておきたいものです。また、家を建てるときは他にもいろいろ諸経費がかかります。税金や手数料のことも考えて、余裕をもって頭金を決めていきましょう。

住宅ローンの借入額の考え方

住宅ローンは、銀行や住宅金融公庫からお金を借り入れること。借りられる額というのは、年収や借りるときの金利などによって違います。注意しなければならないのは、銀行などが提示してくる借入額は、必ずしも自分が安心して返済できる金額とは限りません。同じ給料でも扶養家族の人数やライフスタイルによって住宅ローン返済に充てられる金額は異なるのです。一般的には、年収の5~6倍の借入額なら安心と言われていますが、あなたのご家庭の今の家賃などと比べて返済可能かを考えてみてください。

月々の返済額別の借入額の目安

※仮に金利1.5%(元利均等)のボーナス併用なしの35年返済の場合

月々の返済額 借入額の目安
7万円 2300万円位
8万円 2600万円位
9万円 2900万円位
10万円 3200万円位
11万円 3600万円位
12万円 4000万円位
13万円 4300万円位
14万円 4600万円位
15万円 4900万円位
あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較