岡崎市の注文住宅ガイド » 愛知の注文住宅相場はいくら?知っておきたいお金のこと » 消費税

消費税

近々、注文住宅を建てたいと考えている方なら、どのタイミングで住宅を購入すればお得なのか気になりますよね。ここでは、いつから10%の消費税が適用されるのか、またお得な給付金の制度についても解説します。

知らないと損する、注文住宅購入でかかる消費税のこと

注文住宅を建てるときには、消費税が大きく関係してきます。「土地代」は非課税ですが、「建物」の価格には課税されるのです。そのほかにも課税対象となるのは、住宅ローン、手数料、保険料、家電や家具、インテリア関係の費用、引っ越し費用など…。だからこそ、しっかり消費税のことを勉強しておきましょう。

2019年10月から消費税がアップ予定!

現在は消費税8%の税率となっていますが、2019年10月1日から消費税が10%にアップすることが決まっています。注文住宅は何千万円とかかる大きな買い物ですから、この2%の差で必要になるお金が大きく違ってきます。

いつまでに住宅を購入すれば「8%の消費税」が適用される?

新税率の適用は、2019年の10月1日以降に引渡しされる住宅からとなっており、それ以降は消費税10%が適用されます。

ただし、注文住宅といった請負契約を行う住宅については、経過措置があります!税率改定の半年前までに、請負契約を締結をすればよいのです。

つまり…2019年3月31日までに「工事請負契約」をした場合は、改定後でも8%の消費税が適用されます。

できることなら改定前にという駆け込み需要が生じるかもしれません。改定前のタイミングでは、急激に増えるオーダーに住宅メーカーの対応に遅れが出ることもありえます。時間に余裕をもって計画、契約といった手順をふむことをおすすめします。

「工事請負契約」について知りたい方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

注文住宅を契約する際の工事請負について詳しく

すまい給付金制度とは?

消費税の10%税率アップにともない、負担額を緩和するために軽減措置として、「すまい給付金制度」があります。これは、他にも住宅ローン減税がありますが、それだけでは恩恵を十分に受けられないという方のための給付制度です。

あなたの収入や対象の条件を確認し、対象であれば、ぜひ活用しましょう。

すまい給付金の対象について

給付対象の人

給付対象の住宅

すまい給付金の一覧早見表

消費税8%の場合

収入 給付額
~425万円 30万円
425万円~475万円 20万円
475万円~510万円 10万円

消費税10%の場合

収入 給付額
~425万円 50万円
450万円~525万円 40万円
525万円~600万円 30万円
600万円~675万円 20万円
675万円~775万円 10万円

給付金の手続きについて詳しく知りたい場合は、住宅メーカーの担当者に確認すると良いでしょう。より詳細を知りたい方は、国土交通省のHPでも確認できますので参考にしてみてください。

あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較