岡崎市の注文住宅ガイド » 岡崎で注文住宅を建てるには何からはじめる? » 依頼先を決定

依頼先を決定

ここでは、注文住宅を依頼するときに必要な契約について詳しく解説していきます。

注文住宅を依頼する際の契約の方法

見積もりを取り、担当者とプランについて話し合い、ここならまかせられると思ったら、いざ契約となります。その最初の契約の手続きとして必要になるのが「工事請負契約書」です。

分かりにくいため、担当者に言われるままに簡単にサインしてしまう施主も多いのですが、大切な契約ですので、しっかりと知識を得ておきましょう。

そもそも工事請負契約書とは?

家づくりをはじめる前に、施主と施工会社との間で書面を交わす契約です。

この工事請負契約書のほかに、工事請負契約約款、見積書、設計図書の書類をあわせて4種類の書類が交付されます。

この「工事請負契約書」を交わしてしまうと、その後に契約上の問題で間取りや設備などの大幅な変更が難しくなります。プラン調整の価格交渉も不利な状況となります。ですから、建物のプランが明確に決定し、納得の金額に合意してから、契約を結ぶようにしましょう。

「工事請負契約書」を結ぶときに注意すること

工事請負契約書に書かれている内容に目を通し、明記に間違いがないか確認しておくことは大事です。しかし、契約時の書類は、多くの記載があり、大変ボリュームがあります。ですので、契約の際にすべてチェックするのは時間がありません。事前に写しなどを見せてもらったり、疑問点は担当者に問い合わせておきましょう。

「工事請負契約書」の主な内容

また、工事請負契約約款には、契約に関する技術基準や保証、違約金、契約解除など大事なことが記載されています。隅々まで目を通しておく必要があります。

工事請負契約約款の主な内容

上に書かれた内容は、すべてではなく一部です。最低限のチェックポイントとしてあげましたので、その他の気になったことは、ぜひご自身でチェックしてください。

あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較