岡崎市の注文住宅ガイド » 岡崎で注文住宅を建てるには何からはじめる? » 見積り依頼

見積り依頼

ここでは、注文住宅の見積りの依頼方法や見積りをオーバーした場合の対処法についてアドバイスします。

予算オーバーしている場合の削るポイント

予算内に収まっていなければ、「理由をしっかり聞くことが大事」です。資材などによる問題であれば、見直すことも可能ですが、土地の地盤改良など省けない費用も発生するからです。

見積りの詳細をしっかりチェックすることも不可欠

例えば、資材など一式表示になっている場合、細かい金額が分からないため、ひとつひとつ確認することで費用を減らしていくこともできます。何より、単価や数量の割り増しなど見積りの誤魔化しを防ぐことができます。

注文住宅の見積りを依頼する方法

注文住宅の情報収集や勉強をして知識がついてきたら、さっそく予算について考えていきます。工務店やハウスメーカーに見積りを依頼すると具体的な費用が見えてきます。

自分たちのプランがいったいどのくらいの予算になるのか。予算オーバーなプランになっていないのか。これは、工務店やモデルハウスの見積りを見てみると分かってきます。

では、どこに見積を依頼するのか。「依頼先を探す」のページで業者の選び方は解説していますので、参考にしてみてください。また、見積りは、1社だけでなく、数社から見積りを取り、価格の違いやプラン提案を比較してみると良いでしょう。その際には、おおよその予算を伝えておきます。

まずは資料請求して連絡を取る

見積りを取る業者にカタログ請求をすると、連絡先や担当者の名刺が入っていることも。近くのモデルハウスや支店に連絡を取り、その後、見積りの話し合いをしていきます。

住宅メーカーの資料
徹底比較レポを見る

モデルハウスに出向いて見積り依頼

住宅展示場に行って、直接担当者と予算について話し合ってみましょう。その後、必要であれば見積りを依頼しましょう。

岡崎市のモデルハウス展示場
情報はコチラ

見積りのチェックポイントと見方

見積りを依頼する数社に出向き、ご家族が考える間取りや設備、外観イメージなどを詳しく伝え、概算の見積りを依頼します。

その後、見積りが作成されたら、まずは自分たちの伝えた間取りや設備などの要望がしっかり反映されているかどうかをチェックしましょう。比較する数社の条件を同じにして、予算などを比べて依頼先を選んでいきます。

見積りを依頼時に、信頼できる業者かを見抜くことが大事!

見積りを依頼する際に、担当者と話をすすめていくなかで、信用できるのかも重要なポイントです。最初は、予算内に収まった安い見積りを出していながら、あとになって追加の費用を請求してくるケースもあります。

その後の変更点などがあれば費用が変わってくることもありますが、信頼して話し合える担当者かどうかチェックしておくことも大事です。

このサイトでは、見積りの際に役立つ注文住宅の情報が満載ですので、全体を読んでみてくださいね。

注文住宅の事を
1から学びたい方はコチラ

あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較