岡崎市の注文住宅ガイド » 岡崎で注文住宅を建てるには何からはじめる? » 間取りや設備を考える

間取りや設備を考える

ここでは、注文住宅の間取りや設備の決め方についてアドバイスしていきます。

理想を具体的な間取りや設備にするために

希望の家のイメージが決まったら、もう少し具体的なステップへ。間取りや設備を考えていきましょう。理想の家でやりたいこと、取り入れたいことの優先順位を考えて、予算や敷地の制約なども考慮しながら話しあっていくと良いですね。下に間取りや設備のヒントをまとめましたので参考にしてみてください。

家族がくつろぐ空間を考える

せっかくの注文住宅なのですから、建売の家にあるリビング、キッチン、ダイニングといった区分けの固定概念にとらわれず、自由な発想で空間を思い描きましょう。楽しむことも家づくりにおいては、重要です。

例えば、「キッチンを中心に会話が弾む家」や「家族や仲間が集まって語れる家」といったテーマを考えていくのも、おすすめです。

生活導線を考慮する

特にキッチンや洗面台、お風呂、トイレといった水まわりでは、生活導線が大事となってきます。家事をされる方は、頻繁に動くことになり、動きにくいと暮らしの負担になります。例えば、キッチンでは料理をする際、二人以上で作業するスペースがほしい、家族と会話しながら作りたい、といったイメージは具体的に考えるべきでしょう。

また、洗面台や洗濯機、お風呂の位置も重要視したいところ。来客時に見せたくないものですし、ニオイの問題もあります。その一方で朝の忙しいお出かけ前の時間帯や夜の時間帯にも家族全員が頻繁に使う場所。動きやすく渋滞しない配置を考えたいところです。

最初から収納スペースは十分に確保しよう

将来を考えて広く配置することや使い勝手で場所を分けるといったことは、間取りを考える段階で明確にしておくと安心です。理想の空間に仕上がっても収納が少ないと物を置かなくてはならなかったり、新たに家具を買いそろえたり、色々な問題が出てくるため、最初の間取りで収納をよく考えておきましょう。

階段は最初に考える配置

2階建て以上の間取りであれば必ずあるのが階段。リビングが1階か2階かによっても違います。直線や折れ、折り返しといった階段の種類がありますが、デザインだけで選ぶのは待ってください。

ご高齢の方や老後のことを考えたり、お子さんの安全性などを考慮したり、様々な要因を考えて決めていきましょう。

間取りを考えるときの注意点

ご家族の考えと工務店・ハウスメーカーの担当者や設計士とも、詳しく相談しながら徐々に組み立てていくことですが、先に知っておきたい注意点があります。

資材や材料などの知識も取り入れよう

間取りや設備を考えるとき、資材や材料のことにもこだわって考えておくのもおすすめです。

例えば、温もりあふれるテイストにしたいなら、木材にこだわってみる。スタイリッシュな空間を演出したいなら、コンクリートの壁を取り入れてみる。間取りや設備の配置だけでないアイディアも家づくりには大切ですし、大きく予算にかかわってきます。間取りの検討の際に早めに調べておくと役立ちます。

このサイトでは、素材や材料の知識が得られるページも用意していますので、ぜひ参考にご覧ください。

あなたはどっちスタイル? 工務店 ハウスメーカー メリット・デメリット徹底比較